ABOUT
朱鷺たたら
 
朱鷺たたら TATARA TOKI 横笛奏者
京都出身。京都市立堀川音楽科分校フルート専攻卒。

同志社大学文学部哲学及倫理学専攻卒。居合道二段。
 
どこか懐かしく、日本人の魂に迫る竹笛の調べを、現代の人々の心にどう響かすかをテーマに活動。古典に独奏曲を持たない篠笛の可能性を追求するべく、作曲、演奏活動を行う。日本の伝統的な古典奏法と西洋音楽の学びで培ったテクニックを併せ持ち、高度な技術を駆使した演奏スタイルは、各方面から高い評価を得ている。
芸名に負う「たたら」は、中世の製鉄技法たたらに衝撃ともいえる感動を受けて名付けたもの。先人たちの、ものを創るという力のみなもとを、奥出雲の「日刀保たたら」で垣間見た。そうして、自らの在り様を見つめ、先人たちから現代の我々へ連綿と繋がってきた目には見えないが確かなものを、笛に託して、創造性の源点としている。オリジナル作品集CDのほか、参加CD多数。みずからの門下・朱鷺会主宰。一般社団法人 日本篠笛協会理事。
岡山県新見公立大学非常勤講師。
上野学園大学邦楽サークル篠笛コーチ。