NEWS
BOK・SUI ~笛と太鼓による新感覚ユニット~
 

 
2019年8月4日(日)
 
於:南青山MANDALA
港区南青山3丁目2-2 MRビルB1
東京メトロ「外苑前」駅より徒歩3分
 
12:00 open
12:30 start
 
全席自由
ご予約3.500円/当日4.000円 
  * +1ドリンク代
 
出演:はせ みきた(和太鼓)
   朱鷺 たたら(篠笛・能管)
 
お申込み:南青山MANDALA 
WEBご予約 →  https://mandala.gr.jp/aoyama/
TEL:03-5474-0411(16:00~)
 
または各出演者まで
はせみきた→ https://www.granbeats.com/
朱鷺たたら→ http://shinobue.com/
 
 

Shinobue Camp 夏の陣
 

 

 
今年の夏合宿はアンサンブルをテーマに、
あり得ない豪華な講師陣でみなさまをお待ちしています。
 
<お申し込み詳細はこちら
春合宿では和太鼓と「かがり田楽」「NEBUTA」に取り組みました。
一緒に音を出す現場にいるとわかりますが、
自分だけの練習ではできていたこと、わかっていると思っていたこと・・・
これがなぜか思うとおりにできません。
本当に同じ曲?
いつもと同じテンポかな、速くない?
etc.
 
tempoが速く感じるというのはよくあることで、
音量が大きくなればそれだけでも、焦ってしまいます。
何度も練習したメロディが、別の顔を見せる。
そんなことも、アンサンブルのなかでしか起きてきません。
そして、アンサンブルするには質の高いもののなかに身を置くことが
実は一番、といってもいいほど大切です。
 
カラオケもいいですよ、プロが演奏していますから。
でも、カラオケはアンサンブルではありません。
ちょいと楽しいメトロノームかけての練習、という位置づけには
よいし、カラオケの音源がよいものであれば、鑑賞用にも十分足ります。
だけれども、演奏する側として、生でのやり取りはそこにないのですから、
生きた音楽の喜びは得られません。
 
合宿という長い時間を共有する環境で、
ぜひ参加者のみなさんに、生きた音楽の喜び、
圧倒的な力のある演奏家と一緒に演奏することで、一気に引き上げられる感覚・・
これをぜひ味わって欲しいと思いました。

うまい人と一緒に演奏しなければ、上達しません。
わたしなんてまだ力がない・・・・
そう思っているうちに、いつか力がつくでしょうか?
そんなことはあり得ませんよね。
 
プロは、アマチュアのみなさんよりも多くの失敗を経験してきている人たちです。
一度も失敗しないで成功することができる、なんてあり得ませんよね。
だからプロはうまいんです。
うまい人たちとやってきているから、どんどん上達してきた人たちです。
もちろん、心の優しい先輩方ばかりではありませんから、
その過程は苦しいこともあったはずですが、
この合宿は、そんな不必要な緊張や劣等感を感じる場ではありません。
わたしがそんな場にはしてしたくないからです。
それは、そういったネガティブな感情は、上達の妨げになると思っているからです。
講師が参加者のみなさんを全力でサポートします。
安心してプロたちと一緒に音楽の喜びを共にできる場にしたいと思っています。
 
さて、課題の曲ですが、ずいぶん考えました。
春合宿の課題曲であった「かがり田楽」
これを夏の課題曲にもしようと思います。
継続参加の方にとってはより一層、曲への解釈が深まり、
アンサンブルrする相手が違うことで、
曲の違った顔を見ることのできる機会になることでしょう。
そして、もう1曲は、
ピアニストの井上さんが実際に尾崎豊さんのバンドで弾いていらした
「I LOVE YOU」
歌詞の在る曲はそうでない曲とはアプローチが変わります。
この観点からの曲の解釈を経て、
実際のアンサンブルへと向かいましょう。
井上さんからのフィードバックも楽しみですね。
 
他にも「愛燦々」を候補にしています。
一つの曲を掘り下げるレッスンと、
複数の曲にあたるレッスンでは、中身が変わりますが、
今回はサポートミュージシャンが多くいるという滅多にない環境なので、
複数の曲に挑戦し、
経験の幅を広くとることに目標を設定したいと考えています。
参加者のみなさんは全員一丸となって合奏に臨みますから、
ソロでばっちり!吹けるところまでなっていなくても大丈夫です。
周りに引っ張られて、なぜだか演奏できちゃった、ということ、よくあるんです。
これも、短期で上達する鍵なんですね。
 
楽しみながら、みんなで一緒に学び、スキルアップしましょう。
ご参加をお待ちしています。
 
朱鷺たたら
 

初夏の笛と琵琶による怪談噺の夕べのご案内です。
 

 
「耳なし芳一」
よくご存知の方もいらっしゃるでしょう。
実際に琵琶法師による語りをお聞きになったことはありますか?
げに恐ろしき噺ではありますが、どこか妖艶なる気配に満ちています。
生の琵琶の音色と、横笛の妙なる調べとともに一夜限りの怪談噺の夕べを
お楽しみください。
笛は異世界とこちらの世界を繋ぐものとして、古来より
祈りの場で奏されてきました。
芳一の世界でどんな調べが聴こえてくるのか、
私自身も何か異質なものに触れられるのではなかろうか、と
半ば恐ろしいような気持と、心待ちにするような気持でおります。
場所は中野区哲学堂公園内にある「絶対城」。
重要文化財として認定された,通常非公開の場です。園内は17時以降閉園されます。
ややお足元の暗くなりましたころではございますが、
今宵のお客様だけに秘めやかに扉が開かれます。
正門からお入りになり、鬼と幽霊が両脇に位置する幽霊門を
お通りになり、お運びくださいませ。
わずか25名様限定の夕べとなります。
お早目のご予約をお願いいたします。
皆様のお越しをお待ち申し上げております。
 

篠笛とチェロで奏でる風弦DUO LIVE♪
 

 
2019.6.16(日)
 
朱鷺たたら(笛)と薄井信介(チェロ)でお贈りする
青葉のコンサート。
新緑の美しい季節、瑞々しい音楽の昼下がりをご一緒に。
 
open:12:00
start:13:00
入場料:前売り3.500 (当日4.000)
    学生 2.500 小人500
*一般社団法人日本篠笛協会会員5%割引
 
会場:神保町 楽屋
   千代田区神田神保町1−42−7 ソマードビル1F
 
お問合せ:神保町楽屋(予約順指定席)
http://rakuya.asia/ TEL:03・3518・9496
 
アクセス:JR水道橋東口より徒歩5分
     都営新宿線・三田線・半蔵門線「神保町」A5出口より徒歩3分
(水道橋に向かって歩き。オレンジ色の派手な接骨院を右に入ってすぐ)
 
 
昨年末に初ライヴをした笛とチェロのデュオライヴ、第二弾です。
チェロはわたし、とても好きな楽器です。
小学生のころ、学校公演で体育館にオーケストラが来てくれました。
夏だったと思います。
ちょうどチェリストの目の前に座っていたので、
ずうっと弓の運びを目で追っていました。
凄く優美で、暖かな響きに興奮して、なんと小学生女子は鼻血を出してしまったんですが・・。
 
それから、チェロやってみたいなぁ、とそこはかとなく思っていました。
中学生に進学する際に、音楽を専門的に習いたいと思い立ち、
けれども、弦楽器はもっと小さいころから始めていないと話にならん、と言われ、
あっさりと諦めたのです。
今から思うと、チェロならまだ間に合っていたようですが・・・。
 
そういうわけで、チェロは大好きです。
チェロとじっくりと向き合える音楽をさせてもらえること、
とても嬉しく思っています。
 
みなさまに馴染みのある曲も、
日本のものから、西洋のものから、
そしてクラシックからも、織交ぜてぜてお贈りします。
 
オリジナル曲もいくつか聴いていただこうと思っています。
わたしのオリジナル曲は、日本の伝承の笛の音楽世界とは趣が違います。
 
けれどもよく思うんです。
「日本的」といっても、それってなんなのか、定義するのは簡単ではないなあと。
ましてや現代において、日々浸っている音楽の大部分は西洋音楽、
という暮らしをわたしたちは送っています。
 
現代の笛吹きから奏でられる音楽が、何十年、何百年前の日本に響いていた音楽でないのは
当然ですが、それでも笛の音色のなかに感じられる先人たちの息吹、先人たちが見ていた景色、
立っていた大地の香り・・・
そういったものを笛の音色が運んできてくれるような気配をいつも感じています。
以前、出口煌玲さんにわたしの曲の趣を「ゲルマン」と評していただいたことがあります。
妙に納得した想い出です。
 
薄井さんはクラシック出身のチェリストですが、ご自身がボーカルでバンドをやっていたりと、
(そのときは全くチェロを弾かないらしい)
異色の音楽家です。
高度なテクニックはもちろんのこと、通常クラシックではやらないアプローチにも、
易々と乗ってくださって、その音楽性の幅広さと、人柄の良さがあふれ出ちゃった音色には、
大変魅力を感じます。
 
二人とも日本人ですから、ゲルマン的なアプローチで歌おうが、
この身体から出てくる音はどうしたって日本になるでしょう。
 
5オクターブもの音域をもつチェロと
2オクターブ半の笛は、自然素材の楽器同志、相性抜群です。
 
穏やかな風
ときに激しく吹き荒れる風
新緑の柔らかな緑からこぼれる木漏れ日・・・
 
風景が立ち上ってくるかのような、音楽の景色のなかを
皆様と共に旅したいと願っています。
 
青葉の美しい季節
昼下がりのひととき。
皆様方のぜひのお越しをお待ちしております。
 
 

セルビアと日本の音楽〜CD完成記念ライヴ
 

 

 
5月26日(日)
 
アコーディオン・篠笛・ヴァイオリンで奏でる♪
 
昨年末に行ったライヴ録音がCDになりました。
セルビア音楽の香りをアコーディオンが運び、
日本の竹笛とヴァイオリンが綾をなす。
 
旋律のちょっとした歌い方や節回しに
異国の情緒が立ち上ってきて、
とってもエキゾチックだけど、不思議に溶け合っています。
民族楽器の面白さが花咲いています。
 
セルビアから一時帰国の竹下史子さんのアコーディオンが
聴けるまたとないチャンス♪
 
ナンバーはもちろん、セルビアの音楽をふんだんに、
それからきっとみなさまになじみのあるメロディも・・
民族楽器の素朴なのに、野性的という、なんとも魅力的な
部分に光をあてた、ワールドミュージックの夕べを
ぜひお楽しみ頂きたいと思っています。
 
 
 
出演:竹下史子/アコーディオン
   朱鷺たたら/篠笛
   角崎悦子/ヴァイオリン
 
会場:中目黒 楽屋
open:18:00
start:19:00
 
チケット料金:前売り2,500円/当日3,000円
       学生  前売り・当日共に1,500円
       小学生以下 前売り・当日共に500円
 
ご予約・お問合せ(楽屋)
TEL:03-3714-2607
 
 

ハレとケ 宴 爽快!! 四人囃子LIVE
 

 
小泉謙一〈太鼓)朱鷺たたら(篠笛)
山田路子(篠笛)はせみきた(太鼓)
 
吉祥寺STAR PINE'S CAFE
http://mandala.gr.jp/SPC/home
 
2019.5.23(木)
 
料金:前売り 4000円・当日 4500円(別途ドリンク代)
開場:19:00 開演:19:30
 
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
 
お問合せ:0422-23-2251(16時~)
    E-mail: info@kennytaiko.com
 
 
昨年一度やってみようじゃないか!と組まれた「四人囃子」ユニット。
嬉しいことにお客様からの再演を望むお声をたくさんいただき、
メンバー達も音楽的な可能性を感じており・・・
 
おかげ様で再演決定となりました。
 
和太鼓も笛も昔からあった楽器ですが、
こんな風に発展していくとは誰にも予想できなかったでしょう。
 
和太鼓が何人もでチームを組み、
音楽とパフォーマンスを魅せるというスタイルになってから、
まだ50年ほどです。
意外と歴史ははじまったばかり、という印象です。
 
勇壮な和太鼓の大音量のなか、単身鋭く斬りこんでいくような音色で、
存在感を放つ横笛。
 
その横笛の1種である篠笛は、和太鼓とは祭り囃子で昔から馴染みの仲でしたが、
音楽だけで独立したスタイルを持つことはなく、
独奏楽器として独り立ちしはじめたのは、
和太鼓よりも歴史が浅く、本当につい最近のことです。
 
ですから、古典にあたる楽曲はありません。
 
演奏者たちが自分たちで作品を生み出している最中、まさに真っただ中!です。
 
いつの日か、自分たちの曲が何かの拍子に残ることになれば、
古典になるのかもしれません。
 
クラシックを聴くと、
この音楽が生まれた当初、初めて聴いた聴衆はどう感じたんだろう、
作曲家はどんな気持ちだったんだろうと想像を膨らませることがあります。
 
 
音楽には感情を揺さぶられたり、ダイレクトに働きかけてくるものですが、
メラコリィな感情表現ではなく、
実のところ、作り手の思想そのものだ、と思います。
 
アートが世に問う、という側面を強くもつ所以です。
 
四人囃子でお聴かせする音楽は、
四人の音楽家それぞれの思想に触れていただくことでもあります。
 
少なくとも私自身はそのように考えています。
 
太鼓と笛が既存のジャンルから飛び出して、
音楽家の手に渡り、世に放たれていっているのが
いまの時代ではないのかなぁと思うと、
意図せずこの時代の笛に出会えたことを面白く、恩寵のように感じています。
 
聴衆のみなさまにお越しいただいて、初めて完成するアートです。
 
ぜひ一緒に見届けて、聞き届けていただきたい!
 
皆様方のお越しを心よりお待ちしております。
 

3月6日(水)かわさきエフエム 79.1MHz
 
かわさきFM 18:30~19:30生放送にゲスト出演します。
生演奏もあるかも・・?
 
番組名:DJノブのディアフレンド
関根信男(DJノブ) 
長谷川弓子
 


初夏の入り、篠笛アンサンブル合宿
 
初夏の入り、篠笛アンサンブル合宿が開催がされます。
4月27日~29日の2泊3日です。
ゴールデンウィークの幕開けです。
場所は埼玉県の東松山です。
 
 
今回、本格的な和太鼓とのアンサンブルを集中してやってみたい!
と思いまして、ゲスト講師に小泉謙一さんをお招きしました。
 
小泉謙一さんは林英哲さんの英哲風雲の会のメンバーでもあり、
独りのアーティストとして目を瞠る活動をなさっている和太鼓奏者です。
 
昨年末には四人囃子で、はせみきたさん(和太鼓)、
山田路子さん(笛)とともに、一緒にライヴをしました。
 
 
今回の合宿では、わたしのオリジナル曲「かがり田楽」と
小泉謙一さんのオリジナル曲「NEBUTA」の2曲を集中して稽古したいと思っています。
 
かがり田楽は、CDに収録されてる曲でもないのに、
意外と愛好していただいて、海外でも演奏してくださってるのを
youtubeで拝見します。
 
かがり田楽は「和太鼓&横笛アンサンブル曲集」(ATN)に収録された楽譜で、
付属音源CDには音源ありますが、
それしかないのに、どこで知ってくださったのか不思議です。
 
太鼓のわき役じゃないよ、ここは笛が主役!という感じで、
疾走感を感じて吹けるメロディが愛されてるのかな、と勝手に想像していますが、
どうなんでしょう?
 
それはおいといて・・・
 
和太鼓の勇壮さ、言わずと知れた力強さ、音量の爆裂さに、
拮抗して並びたてる楽器といえば・・・
 
笛しかないやん!!
 
と思います。
 
フルートは篠笛でいえば02本調子にあたりますので、
1本調子より全音分、さらに低い調子です。
10本調子のちょうどオクターブ下、といってもいいです。
実は篠笛よりずいぶん低い音域を持つ横笛なんですね。
そう思うと笛の音域のえらい高さがお分かりになると思います。
そう、ピッコロみたいなものです。
だから難しいんですけども!
 
しかし、この切れ味の鋭い、ばっさりいく音色や、
はたまた哀愁もただよったり、まろやかだったり、懐かしさを覚えたり、
とよくわからないほど、魅力の詰まったのが日本の横笛ですね。
 
和太鼓とは相性抜群ですが、
音量の大きな楽器と一緒に演奏する際には、ただ力任せではやはり勝てない。(勝ち負けじゃないけど)
別のテクニック使った方がいい、とわたしは思います。
 
そんな和太鼓とのアンサンブルを、濃密に、実際にそのサウンドのなかに
身を投じて、実体験したいただきたい、というのが今回の趣旨です。
 
理論も大切ですが、
やはり実際に音の渦のなかに身体ごとどぷっと浸って、
そのなかであえぎつつ、吹きつつ、感じ取っていく、という経験は、
言葉にするのは難しいですが、かなり情報量のあるもので、
糧になっていくと思います。
 
また、今回は篠笛吹きであり、同時に和太鼓奏者でもある、というマルチな方が
篠笛愛好家には結構多いので、和太鼓を学ぶ時間も設けてあります。
(ご希望者のみですので、笛吹いていたい方は笛やりますよ!)
 
和太鼓だけやりたい、という方もメッセージください!
そして、
 
小泉講師から、盗みまくってください(笑)
 
というのはうそで、盗むには相当なテクニックがいりますので、
そんな風に放っておくようなことはいたしません。
 
何を盗むのか。
そもそも、盗む対象を見極めることができなければ
盗めませんよね。
 
盗めるようになれれば相当なテクニシャンです。
なにをもって、テクニックがあるとされるのか、
そのテクニックがないとどう聴こえるのか、
そのテクニックがあればどう聴こえるのか。
 
こういったことを知るか知らないままでいるか、
物凄い差が出てしまいます。
 
知識を得るということは、
先人の研究してくれた結果の成果をさくっともらうことで、
タイムマシンに乗ってしまうのと同じだなあと感じています。
 
どういうテクニックが必要なのか、
それをどう磨けばいいのか、
これを独学で開発できる気は、わたしは全くしませんもん。
 
合宿で行う笛のカリキュラムは西洋の音楽理論、
そしてフルートメソッドに基づいたもので行います。
 
わたしの独学法ではないので、
どうぞ安心なさってください(笑)
 
先人からの研究の成果を頂戴して、
みなさんへお伝えしたいと思っています。
 
合宿のご案内は以下のサイトをご覧ください。
 
篠笛合宿のサイト
Shinobue camps:
https://sakuradaruma.wixsite.com/shinobuecamps2019
 


2019年 哲学堂公園桜祭り 篠笛コンサート&ワークショップ
 
「篠笛ミニコンサート&篠笛演奏体験」
中野区の有形文化財に指定されている古建築物群が集まる広場「時空岡」を会場に、篠笛のミニコンサートが開催されます。
四聖堂を舞台にした趣のある野外でのコンサートです。
哲学堂公園はJR中野駅から2キロに渡って続く桜並木の終着にあたる場所に位置し、
公園内も見事な桜な名所として親しまれています。
 
演者は世界的な篠笛奏者朱鷺たたら氏と朱鷺たたら氏門下の篠笛奏者。
演奏は午前と午後に30分程度の篠笛演奏を行うほか、
演奏後は楽器に親しんで頂くことを目的に、
絶対城において主に子どもたちを対象とした篠笛演奏体験を実施します。
(プラスチック管レンタル無料あり)
 
■於:中野区哲学堂公園
 
■無料
 
■演奏日、時間
・演奏日:3/30、3/31、4/6、4/7
・演奏時間

    • 各日【午前の部】11:00~11:30(30分)
    • 【午後の部】14:00~14:30(30 分)

 ※演奏終了後に篠笛演奏体験(30分程度)を開催  計1時間程度
 


風弦LIVE
 

風弦LIVE風弦LIVE

 
篠笛とチェロが奏でる珠玉のメロディ
 
2018年12月22日(土)
open 12:00
start 13:00
 
at 神保町 楽屋
 
出演:朱鷺たたら(篠笛)
   薄井信介(チェロ)
 
チケット:2500円(前売り)
     3000円(当日)
     学生半額・小学生500円
 
ご予約・お問合せ:楽屋
www.rakuya.asia
千代田神田神保町1-42-7
ソマートビル 1F
JR水道橋東口徒歩5分
メトロ神保町駅出口A5 徒歩3分
 
お申込み・お問合せ
TEl:03・3910・9716
mail: istorinka@yahoo.co.jp
 


アコーディオン・篠笛・ヴァイオリンで奏でる
 

アコーディオン・篠笛・ヴァイオリンで奏でる
  
アコーディオン・篠笛・ヴァイオリンで奏でる

 
セルビアと日本が繋がるコラボレーション・ミュージック
 
2018年11月23日 (金)
open 12:00
start 13:00
 
会場:求道会館
東京都文京区本郷6-20-5
  「東大前駅」下車 徒歩5分
  「本郷三丁目駅」下車 徒歩15分
 
チケット料金:2000円(前売り)
       2500円(当日)
 
出演:竹下史子(アコーディオン)
朱鷺たたら(篠笛)
角崎悦子(ヴァイオリン)
 
セルビア共和国は東ヨーロッパの小さい国ですが、
ヨーロッパとアジアを結ぶ位置にあり、激動の歴史を辿ってきたため、音楽は多様性に富んでいます。
人々は義理人情に暑く世話好きで、親日家がとても多いです。
セルビア民族音楽には欠かせない楽器のアコーディオンとバイオリン、日本の音楽の
代表的な楽器の篠笛で、セルビアと日本の音楽を演奏します。
 


和楽器を楽しもう♪ ~琵琶と篠笛の演奏会~
 


 
10月26日(金)・11月2日(金)
 
午後13時~15時
会場:セシオン杉並3階
 
出演:古澤月心(薩摩琵琶&平曲奏者)
   朱鷺たたら(篠笛)
定員:80名
費用:200円(資料代)
申込:往復はがきに①講座名②お名前③ご住所④電話番号⑤年齢
   および返信用宛名にご住所・お名前をご記入の上、下記までお申し込みください。
締め切り:10月11日(木)必着
 
問い合わせ・申し込み先
高円寺地域区民センター協議会
〒166-0011
杉並区梅里1-22-32(セシオン杉並内)
電話:03-3317-6614
 
主催:高円寺地域区民背センター協議会
 


 
笛と太鼓の四人囃子 LIVE ~風神雷神 ヲヒャイテレツク~
 


 
出演:山田路子 笛
   はせみきた 太鼓
   朱鷺たたら 笛
   小泉謙一 太鼓
 
2018年11月13日(火)
18:30 open
19:00 start
 
前売り 4000
当日  3500(ドリンク制)
 
場所:六本木Morph-Tokyo
 
東京都港区六本木
4-11-11
六本木ビルB1F
TEL:03-5414-2683
 
ご予約・お問い合わせ
六本木Morph-tokyo
www.morph-tokyo.com/ 予約フォームにて受付
 
ご予約受付は1か月前より
各出演者のHPにて先行受付
 
ご予約は
toki@shinobue.com から承ります!
 


 
ケーブルテレビのjcom番組「中野人図鑑」に出演しました。
 
30日から放送です。
インタビュアーはブル中野さん♪
女子プロレスの極悪同盟の迫力あるお姿を覚えてらっしゃる方も多いと思います。わたしもリアル世代で、テレビの前で手に汗握り、観戦していました。お会いしてみたら、すらりとした美しいお姉様。話しやすい気さくな雰囲気で、楽しいひとときとなりました。
笛との出会い、笛への情熱あれやこれや、20分くらいのおしゃべりしています。放送後になると思いますが、HPからもアーカイブでご覧になれますので、こちらからもぜひご覧くださいませ~。
 
J:comチャンネル中野 11ch
https://www.myjcom.jp/
・7月30日 7:30、14:00、18:00、22:30
・7月31日 8:00、11:00、15:00、23:00
http://jinzukan.myjcom.jp/nakano/


哲学堂公園 篠笛体験教室
 
哲学堂公園 篠笛体験教室哲学堂公園 篠笛体験教室

 
伝統的な和楽器篠笛の体験教室です。
楽器は貸し出しがありますので、どうぞお気軽にご参加くださいませ。
 
日時:平成30年4月29日(日)10:00~12:00
場所:哲学堂公園 宇宙館
対象:小学4年生以上の方
参加費:大人(中学生以上)1,100円
    小学生  700円
    親子で参加(ふたり)1,500円
定員:先着20名 *笛は貸し出し
講師:朱鷺たたら
 
アクセス:哲学堂公園へはJR中野駅北口より運行している
「江古田駅」「池袋」行のバスで、「哲学堂」で下車されるか、
「練馬駅」「江古田の森」行いのバスで「哲学堂下」で下車ください。

津軽三味線姉妹ユニットゆりあい ゆりあいライヴvol.13
 
津軽三味線姉妹ユニットゆりあい ゆりあいライヴvol.13津軽三味線姉妹ユニットゆりあい ゆりあいライヴvol.13

 
柴田三兄妹で知られる姉妹のゆりさん、あいさんによる津軽三味線デュオに、
ゲスト出演します。
 
日時:平成30年5月13日(日)
   14:30開場 15:00開演
料金:全席自由 2500円 1ドリンク500円
場所:下北沢カフェ&バーcafe/field
お問い合わせ:070-5321-4487
   shibata3@japan.so-net.jp

笛と太鼓による新感覚ユニット BOK・SUI~陰陽の螺旋~
 
笛と太鼓による新感覚ユニット BOK・SUI~陰陽の螺旋~笛と太鼓による新感覚ユニット BOK・SUI~陰陽の螺旋~

 
いにしえ、大陸より日本へ伝わる陰陽五行
いまも祭りのなかに息吹く
陰陽の響き
祈らんかな、謳うわんかな
命の歌
 
日時:平成30年6月16日(土)
   12:00開場  12:30開演
会場:南青山MANDALA
港区南青山3丁目2-2MRビルB1
入場料:3500円(予約) 4000円(当日)+1ドリンク
出演:BOK・SUI
   朱鷺たたら(笛)・はせみきた(和太鼓)
ご予約・お問い合わせ:南青山MANDALA 03-5474-0411
      HP予約フォームにて受付中  www.mandala.gr.jp
後援:一般社団法人 日本篠笛協会

桜の名所、中野区の哲学堂公園にて桜祭り篠笛コンサート&ワークショップのお知らせ
 
4日間に渡り、ミニコンサートとワークショップが開催されます。
入場無料、ワークショップ参加無料(笛の貸し出し有り)です。
ご予約不要です。
春の野、戸外での篠笛演奏をお楽しみください。
出演は朱鷺たたら門下有志。
4月7日14:00のみ、朱鷺たたら演奏です。
 
【日程】
2018年
3月31日(土)出演:朱鷺会門下生
4月 1日(日)出演:朱鷺会門下生
4月 7日(土)出演:午前・朱鷺会門下生 午後・朱鷺たたら
4月 8日(日)出演:朱鷺会門下生
 
午前の部
11:30 篠笛ミニコンサート
12:00 篠笛ワークショップ(12:30終了予定)
 
午後の部
14:00 篠笛ミニコンサート
14:30 篠笛ワークショップ(15:00終了予定)
 
【場所】
哲学堂公園
〒165-0024 東京都中野区松が丘1-34-28
 
【アクセス】
・西武新宿線「新井薬師前駅」から徒歩12分
・都営大江戸線「落合南長崎駅」から徒歩13分
・JR中野駅北口よりバス
「江古田駅」「池袋」行バス・・・「哲学堂」下車
「練馬駅」「江古田の森」行バス・・・「哲学堂下」下車
 
【お問い合わせ】
哲学堂公園管理事務所
電話03-3951-2515
哲学堂公園HP:http://tetsugakudo.jp/park/


「竹と木の出会い 春LIVE」 ~竹の笛ふえ 洋の弦が織りなす春の調べ~
 

桜の名所、中野区の哲学堂公園にて桜祭り篠笛コンサート&ワークショップのお知らせ桜の名所、中野区の哲学堂公園にて桜祭り篠笛コンサート&ワークショップのお知らせ

フランスで活躍する尺八奏者、桂さんが来日します。
桂さんと双子の姉妹である高畠亜生さん、そして
彼女たちと同級生の朱鷺たたら。
3人はみな西洋音楽の学びを土壌に持ちながら、
現在、それぞれが自国の楽器に魅せられ、
こうして集うことになりました。
チェロとパーカッションという豪華なメンバーをゲストに
一度限りのライヴが実現します。
ぜひお越しくださいませ。
 
【日程】
2018年4月21日(土)
開場:12:00
開演:13:00
 
【出演】
朱鷺たたら(篠笛)
呉亜紫音桂(尺八)
高畠亜生(歌・ピアノ・琵琶語り)
薄井信介(チェロ)
田中まさよし(マルチパーカッション)
 
【場所】
神保町 楽屋  www.rakuya.asia
 
【予約順指定席】
前売 3,000円+1Order
当日 3,500円+1Order
 
【お問い合わせ】
楽屋  www.rakuya.asia
電話 03-3518-9496(受付時間9:00~19:00)
 
HPのスケジュールからご予約承ります。
 
【主催・企画】
ジュメルミュージック
 
【後援】
一般社団法人日本篠笛協会


哲学堂公園 篠笛体験教室
 
伝統的な和楽器「篠笛」の体験教室です。
講師は朱鷺たたらです。
 
【日時】
4月29日(日)10:00~12:00
 
【場所】
哲学堂公園 宇宙館(中野区)
 
【対象】
小学4年生以上の方
 
【参加費】
大人(中学生以上) 1,100円
小学生        700円
親子で参加(ふたり)1,500円
定員:先着20名   
*笛は貸し出し
 
【お問い合わせ】
哲学堂公園管理事務所
電話 03-3951-2515
 哲学堂公園HP:http://tetsugakudo.jp/park/


今年結成した笛と和太鼓のユニットBOK・SUI(ゲスト:新澤健一郎)がお贈りする新春一番のコンサートです。
 
和っしょい 亀戸編其の七和っしょい 亀戸編其の七

 
新春邦楽 和っしょい 亀戸編其の七
 
ジョイントのお相手は津軽三味線界のレジェンドと称される木之下真市さんです。
わたしも何度も演奏を聴き、その力強く美しい音楽に圧倒されました。
初春にこのような素晴らしい方とジョイントさせていただけるとは、
大変嬉しく、また身の引き締まる想いです。
素晴らしい和太鼓奏者のBOKSUIユニットのパートナー、はせさんに加えて、
深い音楽性で我々の音楽に多彩な色を添えてくれる新澤健一郎さんを
お迎えし、皆様に楽しんでいただける音楽をお届けしたいと思っております。
どうぞぜひお越しくださいませ。
お待ち申し上げております。
 
BOK・SUIユニット(はせみきた:和太鼓&朱鷺たたら)
 ゲスト:新澤健一郎(キーボード)
津軽三味線の木之下真市&松橋冷香
 
2018年1月6日(土)
14:30開場
15:00開演
 
亀戸文化センター
カメリアホール(JR総武線、東武亀戸線「亀戸」駅徒歩2分)
入場料:3,500円(全席指定・税込み)当日券4,000円
 
チケット販売
カメリアホール:03-5626-2121 https://www.kcf.or.jp/kameido/
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:35135)web予約http://l-tike.com/
楽工房:03-6453-4848 http://raku.co.jp/
 
お問い合わせ:楽工房03-6453-4848
 

 
1月27日(土)「パレット音楽祭2018」
 
パレット音楽祭2018パレット音楽祭2018
  
パレット音楽祭2018パレット音楽祭2018

 
絵の具のパレットのような色とりどりの音楽祭です。
音楽祭に先立ち、前日の1月26日(金)にガラコンサート+レセプションがあります。
ぜひたくさんの演奏をお聴き頂きたいと思います。
わたしは第3部に出演します。
逢魔が時ともいわれる黄昏時(=かわたれどき)、笛と琵琶と語りの夕べです。
ぜひお楽しみください。
 
前夜祭も含めて、全部で4つの演奏会となります。
 
1月26日(金)18:00開演
☆前夜祭 ガラコンサート+レセプション
 
1月27日(土)
☆第1部 11:00~12:45
前半 香り立つ情景~フランス音楽の世界~
演奏:山田まりも(pf) 土屋愛菜(ob.) 相良怜(fg.)
後半 ビバピアノ!~華やかな4手の競演
演奏:佐藤裕子 加藤露弥
 
《ランチタイム》
 
☆第2部 14:00~15:45
前半 郷愁と興奮のトリオ名曲集
   ~絶美の旋律、躍動するリズム~
演奏:下山静香(pf.) 寺島貴恵(vl.) 石井一成(cl.)
後半 ジプシーの歌~自由と愛~
演奏:板波利加(sop.) 佐藤裕子(pf.)
 
 《コーヒーブレイク》
 
☆第3部 16:15~18:00
前半 かわたれどき
   ~篠笛&能管、琵琶と語りの夕べ~
演奏:高畠亜生(琵琶) 朱鷺たたら(篠笛)
後半 フィナーレ~音楽讃歌~
演奏:シークレットメンバー(当日のお楽しみ)
 

 
9月・10月のライブ情報です。
朱鷺たたらと和太鼓はせみきたによる笛と和太鼓 新感覚ユニット「BOK・SUI」
 

 
ライブ情報ライブ情報
  
ライブ情報ライブ情報

 
 

 
 
毎年恒例となってきました篠笛合宿 夏修行、今年は京都で開催です。
 まずは、「これだけは抑えておきたい基礎練」の集中講義!自分で基礎練のメニューが組めるようになりますよ。
そして、なんとこの合宿のために書き下ろされた講師のオリジナル曲があります。作曲者本人から学べるまたとないチャンスです。
講師は狩野嘉宏氏と朱鷺たたら氏。3日間、びたっと張り付いてみなさまの学びをサポートします。
流派は問いません。どなたでもご参加いただけます。みなさまとお会いできるのを楽しみにしています。」
詳しくはこちらをご覧ください。
 


 
「Precious」(小学館)6月号に紹介されました。
「趣味として、学びとして、人生の蓄えとして・・・
【和稽古】今こそ、始めどき!」特集にて
 


 
平成29年度 篠笛スキルアップセミナーのご案内
日本篠笛協会が開催するスキルアップセミナーは第3期を迎えました。
流派を問わず、どなたでも受講いただけます。
日頃の稽古のランクアップに、なかなか聞けないけど疑問に思っていることなどなど、
みなさまの笛ライフのさらなる充実にぜひご受講ください。
7月はスペシャル回として、特別なプログラムを用意しました。
横笛は和太鼓などとの共演や、お茶の席での影笛など、
多彩な場に適応していく可能性がありますが、
そういった場面で、場を繋ぐ役目を負うことが多々あります。
舞台での場面転換など、演奏時間がはっきり決めようがないけれど、
笛が流れているといいなあという場面、結構あるんです。
そういったときに最適な、場に溶け込むような曲をご紹介します。
今回は朱鷺たたら氏が講師であり、また氏のオリジナル曲を
作曲者自身から学べるまたとないチャンスです。
演奏時間が自由にコントロールできる。
そういった曲の構成のアイディアもぜひ学んでください。
→詳しくはこちらの資料をご覧ください。