プロフィール

▼Profile

朱鷺たたら

篠笛奏者。

京都出身。

まるで時代が遡ったかのような、そしてどこか懐かしく魂に迫る竹笛の調べを、現代の人々の心にどう響かすかをテーマに精力的にチャレンジし続けている。

古典に独奏曲をひとつも持たない篠笛の、独奏楽器としての可能性を追求するべく、作曲・演奏活動を行う。

洋の東西を問わず、さまざまな楽器と共演するほか、古典的な奏法に基づきながらも、オリジナリティ溢れる技法を駆使し、演奏するスタイルは、各方面から高い評価を得ている。

自作品CDのリリースのほか、参加CDも多数。

また、演奏活動のほかに、ワークショップや教則本、曲集の執筆など、笛の普及と後輩の育成にも力を注いでいる。

みずからの門下・朱鷺会主宰。


TOKI TATARA Profile

朱鷺たたら(TOKI TATARA)

shinobue player
(shinobue - Japanese bamboo flute)

Born in Kyoto,Japan.
She has studied flute of the West to school days.
but She feels a limit for an understanding of Western music,
and began to look for her root.

Then, she met with Iai-do which is martial art of Japan.

While studying iai-do, she meets with a Japanese bamboo flute,Shinobue.
She sympathizes to the aesthetic sense common to there strongly.
She says that performing Shinobue is the same as talking dialectally.

There is no solo music in Shinobue in a classic.

5G6C3513jjjj.jpg
5G6C3619.jpg5G6C3659.jpg5G6C3454.jpg
profile-2.jpgprofile-3.jpg_MG_1456.png
EPSN00383.jpgprofile-8.jpg050515TOKI401.JPG

▼Biography

CD作品

・オリジナル作品集

「彼は誰れ」(Bamboo)「ひゃらり」(Medium label)「遊楽」(Bamboo)「篠笛カラオケ道場Ⅰ」(Bamboo)「篠笛カラオケ道場Ⅱ」(Bamboo)
「collection」(Bamboo)「笛吹囃子」(Bamboo)

・参加CD

「ぽう」(PAW music)「葵」(HCO music)

教則本

「音符で学ぶ やさしい篠笛教本」(atn)「篠笛のお稽古[入門編]」(Bamboo)「和太鼓&横笛アンサンブル曲集」(atn)


One's disciple, TOKI-KAI sponsorship.

Her works include
Kawatare (2003)
Shinobue KARAOKE DOJO 1,2 (2004,2008)
Yura (2005)
Collection(2008)
Hyarari(2010)
Fuefuki-bayashi(2012)
Aoi(2005)

An easy Shinobue textbook (It learns by a musical score,2007 )
The collection of music(for Flute&Japanese Drum,2005)

▼Performance

1997
兵庫県白毫寺で初リサイタルを開催。

1997~1998
NHK Hi-vision作品、創作舞踊「蜘蛛」の音楽で能管を担当する(菅野由弘作曲・池畑慎之介他出演、1998年10月放送)。

1998
シャンパンで名高いモエ・シャンドン社の「ドン・ペリニオン&日本懐石の饗宴」に招かれてフランス・シャンパーニュ地方の迎賓館にて演奏、海外のプレスに好評を博す。

2000
NHK教育TV「今夜もあなたのパートナー」司会:ちはるさん(タレント)に出演。

2002
TBS企画ミュージカル「RUMBOO」に参加。ヒップホップと邦楽器とのコラボレーションに挑む。

2003
NHK大河ドラマ作品の公開録画コンサートに出演。仙台フィルハーモニー(指揮・外山雄三氏)と共演する。

2006
打ち水大作戦「ヒートアイランド対策」の公式テーマ曲、打ち水音頭2006に参加。

2003~2008
NHK ラジオ番組「邦楽ジョッキー」のエンディングテーマでオリジナル曲「夕夏里」が起用され、花を添える。