篠笛の里は、日本の伝統楽器「篠笛(しのぶえ)・横笛(よこぶえ)・能管(のうかん)・篠笛教則本・篠笛CD・篠笛袋」等、篠笛、横笛に関する和楽器と商品を取り扱う通信販売専門店です。

 

商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

[新規会員登録]



篠笛とは篠笛の種類名称調子音名 運指

【篠笛とは】


篠笛は、篠竹という女竹で作られた横笛で、日本の木管楽器です。
日本各地の民俗芸能(盆踊り、囃子、神楽、獅子舞、民謡、長唄)等で用いられています。

【篠笛の種類】

篠笛の種類は大きく分けると囃子用と唄用があります。

囃子用は、神楽、祭囃子、獅子舞等、地域の郷土芸能で用いられ、指穴の大きさと間隔は押さえやすいようにほぼ均等隔に作られています。
指穴の数は地域で異なり、音階は調律されていません。

唄用は、音階に合う音が出るように指穴の位置と大きさを調節し、調律された笛です。
細くて短い笛は高い音。太くて長い笛は低い音が出ます。菅長により音階を変えます。

【名称】



【調子】

篠笛には1本調子から12本調子があり、調子の数が小さいほど、笛が長くて太く低い音が出ます。

一本調子(F)、二本調子(F♯)、三本調子(G)、四本調子(A♭)、五本調子(A)、六本調子(B♭)、七本調子(B)、八本調子(C)、九本調子(C♯)、十本調子(D)、十一本調子(E♭)、十二本調子(E)、です。

【音名】




【運指】