top of page

【笛吹き道中記】朱鷺たたらメルマガ78 2023/04/19

「もっと自由自在に吹けたらいいなぁ」




プロの演奏を聴くと、自由自在に、しかも簡単そうに!

演奏していますよね。


よほど練習してきたんだろうな。

・・・確かに、その通りです!(笑)


ですが、闇雲にただただ吹いていたのでは、

あまり効率よくありません。



理論、というと堅苦しくて、できれば脇に置いておきたいかもしれませんが、

理論も併せて理解していくことが、

自由な演奏に繋がると確信しています。




さて、5月28日(日)篠笛アンサンブルセミナーを開催します。

このたびは、ピアノとのアンサンブルです。

講師にジャズピアニスト、小笠原純子さんをお招きします。


昨今、篠笛も他の西洋楽器とのコラボレーションが増えてきており、和楽器バンドしかり、

アニソンにも邦楽器が活躍していますね。

いまわたしたちがよく耳にする音楽は、西洋音楽を土台にした作りで出来ています。



和楽器の演奏も、こうした西洋音楽の土台の上で奏されていることが多いです。

特にアニソンなどはまさにそうです。

そして土台は西洋だけど、そのうえで和楽器が和楽器独特の色味を出せているとき、

フルートとは違った、またとない、クールなカッコいいものになるのです。




なにが篠笛らしく、カッコいいのか、

そういう演奏にするにはどうしたらいいのか。




そのために学ぶことは少なくはありませんが、

まず、その音楽の構造をなんとなくでもいいから、

少し理解できるようになれれば、と思いませんか?


今回の講座では、

まさにこの点に焦点を当てていきます。




午前の部では「竹田の子守歌」を、

午後はわたしのオリジナル曲ですが、

篠笛に合う抒情的なメロディを持つ「夕夏里(ゆうかり)」を題材にします。




竹田の子守歌は、日本独自の5音音階(ペンタトニック)でメロディが出来ています。

5音しか使わないけれど、実に深い民俗芸能の響きの世界が拡がっている素敵な曲です。


これに合うようにどういった伴奏、コードを付けていけばいいのか。


これ、実にとっても大事なんです。

え、そんなの、ピアニストに任せておけばいいんじゃない・・?

いえいえ、決して!(笑)



・・・まあ、任せておいても、カッコよくしてくれるかもしれませんが、

やはり主旋律を奏でる笛奏者も、曲の構造を少しでも

わかっているのとそうでないとでは、演奏のレベルがぐっと違ってきます。

想像に難くないと思います。


今回は、竹田の子守歌の音構成(5音)を使って、

色々な響き(コード)のなかで、どんな風にメロディラインが聴こえるのか、といった体験をたくさん、していただきたいと思います。


そして、なるほど、こういった響きとこのペンタトニックが合わさると、こんなクールになるんだな、

または逆に、

こんなチープな感じになってしまうんだな、残念!

などなど、実際に実践して、体得していただきたいと思います。



また、こちらで用意した5音を使った独奏パートを使って、

竹田の子守歌を、間奏に篠笛らしいソロを盛り込んだ1曲に仕上げていきたいと思います。

           *譜面は事前にお送りします。




そして、午後は夕夏里(ゆうかり)という篠笛によく合うメロディを持つ曲です。

きれいなコード進行の、まさに王道!のような曲です。


逆にいえば、コード進行の上にのっとって奏しないと、

どうにもならない、という曲です。


竹田の子守歌は5音音階の5音をどのように使っても、

かなり自由に、それこそある意味ででたらめに使っても、

意外とどうにかなったものが、

こちらの曲になると、コードの進行を理解していないと、

全く曲の良さが出せません。



こうした対照的なものを2曲、題材に取り上げることにしました。



コード進行の上で演奏するのは、

とっても気持ちがいいものです。

そして、よくジャズなどでやっている即興、アドリブですね、

これにも挑戦していただきたいと思います。

出来たら、かっこいいじゃありませんか!

自由自在に♪


といっても、そんなこと、やったことないのに出来るわけありませんね。


でも大丈夫、ご心配なく!

だからこそ、わたしたちがいます。


今回は、いくつかアドリブの譜例を用意して、

事前にお送りします。


事前にちょっと練習してきていただいた上で、

そして当日、簡単なコード進行に合うように、

とってもシンプルなメロディラインを作ってみたいと思います。

やり方をお教えしますから、どうぞ安心してくださいね。



自分にはセンスがないから。

といった声を聞くことがしばしばあります。


でも、センスって何でしょうか?

学ばずとも、一流にできることがセンスでしょうか?


・・・そんなはずありませんよね。

ひとつひとつ学んだものが、センスを培っていくのです。

ですから、センスとは知識だと思います。

そして、いつからでも養えるものです。



誰にでもできます。

とにかく、やってみましょう。


わたしたち講師がサポートしますので、

どうぞ安心していらしてください。


笛は8本調子を使用します。


生のピアノと一緒に学べるのはなかなかないチャンスですので、

ぜひこのセミナーを利用して、豊かな音楽経験の糧にしてくださることを願っています。


詳細、お申込みはこちら↓





閲覧数:21回0件のコメント
bottom of page